このページの先頭です
ここから本文です

インフォアクシアについて

このWebサイトを運営する『Infoaxia(インフォアクシア)』についての情報です。

インフォアクシアとは?

Webアクセシビリティを理解して実践するためのポータルサイト

Webアクセシビリティへの取り組みには、"気づき(Awareness)"と"実践(Practice)"の2段階があります。一人でも多くの方がWebアクセシビリティの重要性に気づき、正しく理解して、Webサイト全体で実践することができるように、Webアクセシビリティに関する情報やツール、サービスを提供するのがインフォアクシアの目的です。

名前の由来

インフォアクシアの"インフォ(info)"は英語で"情報"、"アクシア(axia)"はギリシア語で"価値"という意味があり、「情報は、アクセシビリティを確保して初めて"情報"としての真の"価値"を持つ」というメッセージを込めた名前です。

代表プロフィール

植木 真(うえき まこと)
Webアクセシビリティ・コンサルタント。
求人情報誌・中古車情報誌編集長、Web制作会社のディレクター、企業サイトのWebマスターを経て、2004年7月までソシオメディア株式会社のアクセシビリティ事業部シニアマネージャーとして、企業・自治体のWebアクセシビリティ・ガイドライン策定などのコンサルティング、ソフトウェア開発、セミナー・トレーニングの講師、Webサイトのアクセシビリティ診断等を行う。2004年8月に独立し、Webアクセシビリティを理解して実践するためのポータルサイト『Infoaxia(インフォアクシア)』を公開。
JIS X 8341-3:2004「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器・ソフトウェア・サービス-第三部:ウェブコンテンツ」の策定作業に従事。平成16年度からは、財団法人日本規格協会情報アクセシビリティ国際標準化に関する調査研究開発委員会のウェブアクセシビリティ国際規格調査研究部会委員を務める。

主な講演

その他、企業の社員研修、自治体の職員研修などの講師もつとめる。

主な執筆

このページの先頭へ▲