このページの先頭です
ここから本文です 実践ノウハウ

エキスパート連載コラム

アクセシビリティ、Web標準(Webスタンダード)、SEO(検索エンジン最適化)、ライティング、それぞれの第一人者の皆さんによる連載コラムです。"木を見て森を見ず" にならないように、アクセシビリティを関連するキーワードとあわせて考えてみましょう。

植木 真の『アクセシビリティとWeb標準、SEO』

プロフィール

顔写真:植木真

植木 真(うえき まこと)
主に大手企業サイトのアクセシビリティ対応をサポートするコンサルタント。2004年10月に株式会社インフォアクシアを設立。2004年6月に制定された JIS X 8341-3 の策定作業に従事した後、現在は W3C/WAI の WCAG ワーキンググループで『WCAG 2.0』の策定作業にも参画している。また、WAT-C(Web Accessibility Tools Consortium)の共同発起人として、オーストラリア、アメリカ、イギリスのアクセシビリティ専門家ともコラボレーションしている。

株式会社インフォアクシア:http://www.infoaxia.co.jp

大藤 幹の『Web標準の基礎知識』

プロフィール

顔写真:大藤 幹 氏

大藤 幹(おおふじ みき)
ZSPC代表。札幌市在住。1996年よりWebの基本技術に関する書籍の執筆を開始し、2000年に独立。現在は、XHTML+CSS、Webアクセシビリティを中心としたテクニカルライティングのほか、セミナー講師、Webサイトの制作やコンサルティングなど多岐に渡り活動している。主な著書は、『詳解HTML&XHTML&CSS辞典 改訂版』(秀和システム)、『世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル』(毎日コミュニケーションズ)など。雑誌Web Designingにて『CSS Analysis』を長期連載中。

住 太陽の『トリックに頼らない本当のSEO』

プロフィール

顔写真:住 太陽 氏

住 太陽(すみ もとはる)
ボーディー有限会社 代表取締役 SEOエンジニア。1999年からウェブデザイナーとして独立。2001年には国内でいち早くSEO(検索エンジン最適化)サービスを開始、国内SEOの先駆者として、トリックに頼らない正当なSEOの普及を目指し、実務の他、執筆や講演活動を展開。講演実績は自治体や教育関連など多数。著書には、国内では初となるSEOの解説書籍『アクセスアップのための SEO ロボット型検索エンジン最適化』(エーアイ出版)や『SEO検索エンジン最適化プロジェクト― 検索エンジンからのアクセスを最大化させるWebサイト構築手法の導入と実践』(ディーアート)がある。

住 太陽のSEO検索エンジン最適化:http://www.searchengineoptimization.jp/

益子貴寛の『Webライティングの理論と実践』

プロフィール

顔写真:益子貴寛 氏

益子貴寛(ましこ たかひろ)
サイバーガーデン代表。1999年5月にWebリファレンス&リソース提供サイト「CYBER@GARDEN」を立ち上げる。一般企業に勤務しながらもWebデザイン誌での執筆やW3C仕様書の翻訳活動を続け、2003年5月に独立。Webサイトのプロデュース、Web制作会社のコンサルティングに従事するほか、講義・講演や執筆活動も活発に行っている。著書に『Web標準の教科書 ─ XHTMLとCSSで作る“正しい”Webサイト』、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』 (ともに秀和システム)など。雑誌でも『月刊web creators』『WEB STRATEGY』(ともにMdN)でも好評連載中。

木達一仁の『Web標準に準拠したサイト構築』

プロフィール

顔写真:木達一仁 氏

木達一仁(きだち かずひと)
株式会社ミツエーリンクス フロントエンド・エンジニア。Web Standards Project(WaSP)メンバー。2004年2月より、株式会社ミツエーリンクスに参画。Webコンテンツの実装工程に多数従事した経験をベースに、Web標準の普及・啓蒙活動を展開している。書籍『Designing with Web Standards ― XHTML+CSSを中心とした「Web標準」によるデザインの実践』、『Web標準デザインテクニック即戦ワークブック―XHTML+CSSを正しく賢く書くための15問』(ともに毎日コミュニケーションズ)などを監訳。

株式会社ミツエーリンクス:http://www.mitsue.co.jp/
このページの先頭へ▲