このページの先頭です
ここから本文です

第2章:ユーザー・エクスペリエンスの最適化

Web サイトは、使いやすく効率的な人間とコンピュータのインタラクションを容易にして促進するようにデザインされるべきです。デザイナーは、コンピュータの性能を利用してユーザーの作業負荷を軽減するように、あらゆる手段を試みなくてはなりません。ユーザーは、情報が直接的に分かりやすい体裁で表示されて、コンテンツの構成がとても直観的であるときに、Web サイトを最大限に利用することができます。また、通常の作業と一貫性がある、数秒間以上情報を覚えておく必要がない、すぐに理解できる用語がある、そして情報で負担をかけすぎない、といった一連のタスクもユーザーにとっては有益です。

Web ページが読み込まれるのにユーザーを数秒間以上待たせるべきではありません。そして、待たせている間は進捗状況を適切に提供するべきです。ユーザーは情報を容易に印刷できなければなりません。デザイナーは、ユーザーに勝手にウィンドウあるいはグラフィックを "押し付ける" べきではありません。

『第2章:ユーザー・エクスペリエンスの最適化』のガイドライン項目

このページの先頭へ▲